検索
  • yasuchikawakayama

Future Techアクセラレーター説明会 #1を開催いたしました!

「XR領域のスタートアップ及び新規事業を成功させるには?」をテーマに、XR領域のスタートアップ支援の経験談、今後の展望、Future Techアクセラレーター(FTA)の活用方法についてお話させていただきました。


今回の説明会でお話しした内容からいくつか重要なポイントをこのブログでもご紹介させていただきます。


・なぜブレイクポイントがFuture Techアクセラレーターを行うのか?


当社が2015年12月から6期間にわたって運営したTokyo XR Startups(TXS)インキュベーションプログラムは、フォローオン投資獲得率90%以上、資金調達総額が50億円を上回るなど、国内外のトップアクセラレーターを上回る成果をあげました。


TXSの経験やネットワークを継承するかたちで当社がFuture Techアクセラレーター(FTA)を立ち上げることは、今後の日本におけるXRを中心としたイノベーション創出のエコシステムを強化する重要なステップであると考えています。



・FTAの提供価値(何が得られる環境か?)


FTAに参加したスタートアップは、当社が有するXR領域ビジネスのノウハウやネットワークを活かすことができます。具体的な価値として、下記の3点があげられます。





・FTAの対象者


FTAはTXSよりも幅広い層をご支援の対象としています。スタートアップのみならず、既存企業内での新規事業も対象となります。

それぞれのスタイルで、本プログラムとの相性は異なりますが、どのスタイルで参加して頂いても成果を出すことは可能です。



・FTA参加者のゴール


FTAでは、参加者のスタイルに応じたゴール設定を行います。

製品・サービスのコンセプト確立、チームビルディング、事業戦略、製品・顧客開発を通して、サービスのローンチ、大手企業との協業、シード資金の調達、収益化等のゴール設定を想定しています。



・FTAのスケジュール


FTAの主なスケジュールは以下の通りです。





また、今回の説明会で、以下の質問がありましたので、この場を借りて共有させて頂きます。


Q1. Future Techアクセラレーターに参加するにあたって、参加者側からのコミットメントのようなものはありますか?


A. プログラムの最終月に予定されているデモデイや、その他予定しているイベント等に参加するなど、本プログラムに最後までコミットして頂く必要があります。



Q2. 本プログラムに参加することが決まった場合は、NDA等の契約を結ぶことはありますか?


A. NDA等の契約は前提としていませんが、特別な事情があれば個別に相談させて頂きます。また、本プログラムに参加する際に、本プログラムの活動に積極的に参加することに対する誓約書を書いていただきます。


FTAについてご不明な点があればぜひご気軽にご相談ください。ご相談は随時受けつけております!


58回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示
  • Facebook
  • Twitter

©2020 Future Tech Accelerator / Breakpoint Co., Ltd.